FXの基礎知識

追証なしで借金の心配もナシ!海外FXのゼロカットシステムとは?

追証なしで借金の心配もナシ!海外FXのゼロカットシステムとは?

FXの追証で1,300万円の借金って怖い話だね…

watari
海外FXなら借金を背負うこともないよ!

「レバレッジ最大25倍だから安全です」なんて言ってるはずなのに。数百万、ときには数千万円の借金を背負うことがあるFX。証券会社を守ためだけに存在する追証が全ての原因です。

でも追証の危険なく、通貨の急変動で発生した損失も全てぼくたちの代わりに対応してくれる。夢のような証券会社があるのを知っていますか?

実は海外FXの一部業者は、ゼロカットシステムで僕たちの損失をその名のとおり。0以下のマイナスは、全てカットしてくれるんです。つまり国内FXのように、借金の危険がありません。

今回は業者ばかりを守るために作られた追証の危険性。ぼくたちユーザーのためにあるシステムと言ってもいいほどの、ゼロカットについてお伝えします。

 

証券会社を守るための追証とは?

証券会社を守るための追証とは?少し前まではレバレッジ400倍で、資金効率のよいトレードができた国内FX。「投資家を守るため」なんて意味のわからない理由で、50倍25倍とレバレッジを下げられ次は10倍になるとの話です。

投資家を守るなら、ぼくたちトレーダーに莫大な借金を背負わす可能性のある追証が禁止されないのはなぜなんでしょうか?

まずは国内FX独特のシステム追証について確認してみましょう。

 

国内FXの追証とは?

日本の金融庁の指示で、ぼくたちトレーダーへの損失補填が禁止されている国内FX。

投資家を守るためにレバレッジを下げたのに。海外FXのように損失補填するのは、禁止されてるって矛盾した話だと思いませんか?

献金や天下り先として大事な業者を守るため、国内FXに用意されてる追証というシステム。ぼくたちに負担を背負わすためだけに、存在してるんです。

各証券会社で決められた証拠金維持率を維持できなければ、追加で入金し追証状態を解消しなければいけません。

また証拠金がマイナスになるほどの急落や暴騰があったときには、マイナス分になった分を証券会社に支払わなければダメなんです。

 

ほとんど全ての国内FXがDD方式

国内FXのほとんど全てが、DD方式の証券会社ばかり。取引の不透明さから、海外のトレーダーには嫌われるシステムです。

DD方式?
watari
ディーリングデスク(Dealing Desk)の略だね!

DD方式を日本語になおすと相対取引。ぼくたちトレーダーと国内証券会社のFXブローカーが1対1で取引を行う取引のことなんです。

  • DD方式:顧客の注文全てを発注しない
  • NDD方式:顧客の注文全てをそのまま発注

DD方式の証券会社は、全ての注文を取引所(インターバンク)に発注するわけではありません。取引を始めたばかりの初心者。損失の増えてるトレーダーなど、勝率の低いトレーダーの発注を無視できるんです。

追証のイメージ

つまり国内FXの証券会社は、損失をだしそうなトレーダーの注文を無視。取引所に発注しなければ、損失がでたときにそのまま自社の利益にできるんです。

 

追証が発生する国内FXの仕組み

DD方式の証券会社が嫌われる理由は、一部の注文を発注せずに自社の利益としてるだけではありません。

  • トレーダーの不利になるようレート操作
  • 客の注文同士を相殺して自社の利益へ

など、証券会社が好き勝手できるのがDD方式が嫌われる理由でしょう。ただし、とつぜんの急落や暴騰をされると困るのがDD方式。

全ての注文を発注せずに、一部の注文を自社で止めてる国内FX。急落や暴騰で予想以上に利益をだすトレーダーが、でてくるかもしれません。

追証で借金ができるのはなぜか?

では国内FXの証券会社は発注してない注文で、損がでたときにどうするのでしょうか?この予期せぬ証券会社の大損を背負わされるのが、ぼくたちトレーダーなんです。

 

どうしてFXで借金を背負うことになるのか

とつぜんの急騰や暴落で、利益がでたトレーダーがいるということは?逆に大きく損失をだしてしまう方もでてくるでしょう。

証拠金維持率を維持できず、追証を支払う暇さえもらえないくらい急変動した場合。ポジションは全て解消され、証拠金のマイナス分を証券会社に支払わければいけません。

どうしてFXで借金を背負うことになるのか

DD方式の国内FXでは、ぼくたちの注文がちゃんと発注されてるかを確認する方法はありません。

証券会社に止められて、本当はでてないかもしれない注文のマイナスを証券会社の利益や損失の穴埋めのために支払わないとダメ。これが国内FXの借金の正体なんです。

 

ゼロカットで追証なしの海外FX!

国内FXこわいね…
watari
なんで追証がなくならないか不思議だよね…

証券会社を守るためだけに、存在するといっても言い過ぎではない追証。投資家を保護したいなら、金融庁が追証を禁止しないのはなぜなんでしょうか?

証券会社のサービスに進出してるのは、日本を代表する企業ばかり。汚職や天下りでズブズブの役人たちが、甘い汁を吸うのに必死なんでしょうね…

そんなぼくたちトレーダーを追い詰めるだけの追証システムを廃止したのが海外FXなんです。

 

海外FXはゼロカットで借金の可能性なし!

海外FXで取り入れられてるゼロカット。とつぜんの通貨の変動で証拠金がマイナスになっても、マイナス分をなかったことにして0に戻してくれるんです。

どうして海外FXは追証がないのか?

  • ロスカットできなかった
  • 入金が間に合わなかった

なんてときでも海外FXなら、国内証券会社のように借金を背負う可能性は0。FX業者の利益のために、追証を支払う必要がありません。

 

どうして海外FXは追証がないのか?

海外FXのほとんどの事業者が、採用してるゼロカットシステム。ロスカットや入金が間に合わず発生したマイナス分は全て証券会社が負担してくれるんです。

なんで証券会社が負担してくれるの?
watari
長くトレードしてほしいからだね!

そうなんです。ぼくたちトレーダーがトレードを続けるほど、手数料で利益を出せる海外FX。長く続けてもらうために、証拠金のマイナスを肩代わりしてくれるんです。

ぼくたちの損失が利益になる国内FXの証券会社とは、考え方も仕組みも違うんです。国内業者は、トレーダーなんて使い捨てと考えてるのかもしれませんね…

 

DD方式の海外FXでもゼロカット対応

国内FX証券会社のように、DD方式を取り入れるサービスもある海外FX。とはいえwatariの知る限り、全てのサービスでゼロカットシステムがといれられてます。

追証なんて非道な仕組みを当たり前のように取り入れてるのは、日本のFX業者だけ。いつになったら本当の意味で、投資家保護に取り組んでくれるのでしょうか?

  • 客を見てコロコロ態度を変える
  • 注文が通ってるかもわからない
  • 食中毒がでたら客への損害賠償

こんなレストランがあれば一瞬でつぶれるでしょう。でもなぜか許されてしまうFX証券会社。投資後進国と言われる日本だから仕方のないことかもしれません。

トレーダーに借金を背負わす追証に疑問がでた人は、ゼロカットで守ってくれる海外FXを試してみてはどうでしょうか?

 

ゼロカットのデメリット!注意点は?

国内FXのように、借金を背負わされる可能性がないゼロカット。ぼくたちにはメリットのかたまりのような仕組みだけど、デメリットも一応存在してるので確認してみましょう。

 

耐えきれない証券会社も…

10年以上の投資経験があるwatariでも、経験したことがないけど。歴史に残るような暴落や急騰が起きたときには、ゼロカットで証券会社が破綻するかもしれません。

ゼロカットは証拠金のマイナス分を証券会社が補填してくれるシステム。補填しきれないような変動がおきれば、証券会社に多大な損失を与えることになるんです。

とはいえ、ぼくたちが預けた資金を守ってくれる制度を取り入れてるサービスの多い海外FX。数百万〜一億円くらいまでの保証があるので、破綻されたからと言って証拠金を失うことはないでしょう。

 

ゼロカットされないことがある?

「ゼロカットされてないやんけ!」

なんて焦った経験もあるwatari。各証券会社でゼロカットされるタイミングが違うので、落ち込まないようにしてください。

watariの使ってるGEMFOREXなら1時間程度。ほかの証券会社でも24時間くらいで、証拠金のマイナスをゼロにしてくれるんです。

現金だけでなく、付与されたボーナスを証拠金としてトレードできる海外FX。ゼロカットの条件が入金の証券会社では、注意しないといけません。

また急変動で損失がでたけど、急いでポジションを持てば利益がでそう!なんてこともあるでしょう。(主にポンドとかポンドとかポンド。)

ゼロカットの早さで証券会社を選ぶのも良いでしょう。

ゼロカットされるタイミング
GEMFOREX 約60分
AXIORY 約24時間
TitanFX 翌午前7時頃
XM 入金後
TradeView 入金後

 

ゼロカット対応のオススメ海外FXは?

海外FX口座をもっともお得に開設する方法ゼロカット対応の証券会社を選ぶなら。口座開設するだけで証拠金として使えるボーナスがもらえるGEMFOREXがオススメ。

ボーナス分だけでトレードもできるので、海外FXを経験するのにもぴったりです。

入金ボーナスも用意されてるので、リスクを抑えた取引も。ボーナスを活かした大きなトレードもできるでしょう。同じ10万円で海外FXを始める場合も

  • 口座開設ボーナス+入金10万+入金ボーナス20万
  • ボーナスなしの証券会社=10万のまま

同じ10万を入金してもボーナスの有無で、口座残高が20万以上も変わってしまうことも珍しくありません。

資金管理とリスク回避が大事なFX。用意できる資金が多いほど有利なトレードができるのは他の投資と同じです。

「どうせならボーナスのある証券会社で口座開設してトレードすればよかった…」なんて後悔しないように、しっかりと口座開設先を選びましょう。

 

開設する口座を2ステップできめる

海外FXを提供するために、以下の2つを重視して選ぶのがカンタンです。

  • 取引する口座の種類を選ぶ
  • 開設する証券会社を選ぶ

ほとんどの方にオススメなのが、オールインワン口座(総合口座)。またリスクを抑え効率的なトレードをするために、ボーナスの豊富なサービスを選びましょう。

 

取引する口座の種類を選ぶ

海外FXでは一つの口座を開設するだけで、

  • レバレッジを効かせた取引
  • 自動プログラム(EA)の稼働
  • ミラートーレードなど活用

できるオールインワン口座(総合口座)の用意されてる証券会社を選びましょう。複数の口座を作成するための手間も必要なく、取引手数料が無料になる点がオススメのポイントなんです。

ECN口座は、預けなくてはいけない入金額が高く。オールインワン口座では無料だった手数料も、トレードごとに支払わないといけません。

「トレードで利益がでたはずなのに、手数料負けして気づけばトータルマイナスに…」

海外FXになれ運用できる資金が1,000万、1億とふえてからECN口座を開設しても遅くはありません。それまでは各種ボーナスが揃っているオールインワン口座を使った方がよいでしょう。

どちらの口座を開設するか悩んでる方へ

オールインワン口座とECN口座の大きな違いは

オールインワン口座 ECN口座
スプレッド 通常のスプレッド  通常よりも狭め
ボーナス アリ ナシ
手数料 ナシ アリ
最低入金額 1円〜 2~20万円〜

ECN口座開設の一番大きなメリットは、大口の取引にも対応してるところ。ボーナスに対応してなく手数料も高いので、海外FXになれ扱う資金が大きくなったときに開設するのがオススメです。

 

口座を開設してトレード開始!

開設する証券会社を選ぶ

豊富な各種ボーナスで、資金効率のよいGEMFOREXでオールインワン口座を開設しましょう。

要注意!

GEMFOREXへ申し込む際は、必ず公式ページから申し込みましょう。

頻繁にキャンペーンが変更されるため、紹介サイトから申し込むと過去のキャンペーンが反映される。口座開設ボーナスが付与されないなどの不具合が起こるかもしれません。

GEMFOREX公式サイト:https://gforex.asia/

 

追証の心配ナシ!ゼロカットの詳細まとめ

今回は業者ばかりを守るために作られた追証の危険性。ぼくたちユーザーのためにあるシステムと言ってもいいほどの、ゼロカットについてお伝えしました。

楽天/GMO/DMM/ソフトバンクなど、誰もが知ってる有名企業が進出する国内FX。大企業がサービスを提供するってことは、ぼくたちの想像以上に儲かってるのでしょう。

そんなにFXの証券会社が儲かるなら、海外FXのようにゼロカットを取り入れて。損失から守ってくれればいいのにと思うのはwatariだけでしょうか?

残念ながら日本の証券会社は金融庁の指示により、損失補填ができません。今後も国内FXでゼロカットが取り入れられることもないでしょう。

企業ばかりが儲かる国内FXの仕組みに疑問をかんじた方は海外FXに挑戦するのもいいかもしれませんね!

今回のまとめとして、海外FXの口座を開設する証券会社は2021年9月現在。下記の組み合わせが一番おすすめです。

開設口座:オールインワン口座(総合)
開設先:GEMFOREX

BIGBOSSなど、新規口座開設キャンペーンを廃止する証券会社もふえてきました。GEMFOREXのキャンペーンもいつ終わるかわかりません…

あなたがGEMFOREXで口座を開設するなら、損をしないようにキャンペーンを実施している間に申し込んでくださいね!

口座の種類やキャンペーンの選び方など申し込み時のポイントはGEMFOREXの詳細記事に詳しく書いてみました。ぜひこちらも参考にしてください。

 

-FXの基礎知識